ヒアルロン酸の減少

ヒアルロン酸は年齢とともに減少していくものであることをご存知でしょうか。年齢とともに減少していくと言っても具体的に減ってしまうことで、どのような症状が出るのか紹介します。年齢を重ねるごとに、体の関節特にひざの関節が痛くなるという症状に悩んでいる方もいると聞きます。この関節の痛みの原因は一概にこれとは断定できません。しかし、症状の1つとしてヒアルロン酸が減っていることが挙げられるのです。ヒアルロン酸はサプリメントや化粧品などでよく使われています。それもあってか外部から摂取する物であるという印象の方もいますが、実際にはものもと体の中にあるものなのです。

ひざの痛み具体的にどこにヒアルロン酸が存在しているのかというと、それは先ほど関節痛でも挙げたひざになります。ひざは骨と骨が組み合わさっていることにより、動くことができます。これで動かすときに骨だけであれば、擦れてしまい、骨はダメージを受けやすくなります。しかし、その膝の骨と骨の間にヒアルロン酸を含む物資が存在することにより、ダメージを軽減するクッションの役割を果たしているのです。ところが、年を重ねるごとにそのクッション機能を果たしているヒアルロン酸物質が減少します。そのためにダメージがいき、痛みを感じるようになるという流れになります。

 

★関連記事★